ブログトップ
Running The World
 Jarvis CockerのMySpaceで公開されていた彼の新曲"Running The World"がイギリスのiTunesでダウンロード販売されている。レーベルはRough Tradeで、ジャーヴィスはRough Tradeよりソロ・アルバムをリリースするようで、レコーディングを行っているようだ。Hawley氏も参加しているらしい。ジャーヴィスのこのネタのソースはこちら

b0092708_22443425.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-08-10 22:45 | Sheffield
Sheffield Music Awards
 Soundaloud主催のSheffield Music Awardsの発表があり、Richard HawleyはBest Soloを受賞した。太字が各部門の受賞者。Arctic MonkeysはBest Videoを受賞しただけだった。知らないミュージシャンのほうが多かったので、気になったのを調べてみようと思う。

Best Band
· Bromheads Jacket
· Daybreak
· Rumpus
· Smokers Die Younger
· Stoney
· Tacoma
· The Golden Age
· The Long Blondes
· The Yell
· Viva High Rollers

Best Solo
· Anna Haigh
· Louis Romegoux
· Neil McSweeney
· Richard Hawley
· Tegi Roberts
· Web Sheldon
· Tommy Binks
· Tommy R Jones

Best Newcomer
· Amaranth
· Atoness
· Avangaad
· Linda Business
· Little Man Tate
· Mothership
· Nine More Lies

Best Live Act
· The Ape Drape Escape
· Atoness
· Balor Knigts
· Chuck
· Daybreak
· KHLA
· Little Man Tate
· Mothership
· Rumpus
· Sukmunki

Best Song
· Arctic Monkeys – Fake Tales of San Francisco
· Daybreak – Alarm
· Dead Like Harry – Lost Without You
· Hazel Figurine – Huw Edwards
· Mothership – Bad Mood
· Rise To Addiction – Falling As One
· Stoney – Soap in a Bathtub
· The Golden Age – Girl You Love Cock Too Much
· The Long Blondes – Appropriation (By Any Other Name)
· The Yell – My Baby’s Into Witchcraft

Best Music Video
· Arctic Monkeys – Fake Tales of San Francisco
· Existend – Screaming
· Rumpus – The Woods
· Stoney – Soap in a Bathtub
· The Golden Age – Used To Be A Stripper
· Viva High Rollers – Love That Girl

Best Frontman
· Atoness – Adam Follett
· Kings Have Long Arms – Adrian Flanagan
· The Ape Drape Escape – Martin Clark
· The Yell – Dan/Idle Hands
· Viva High Rollers – Ian Huddleston

Best Frontwoman
· Monkey Swallows The Universe – Nat Johnson
· Scarlet Tuesday – Emma Farley
· Screaming Mimi – Loretta Chantry
· The Long Blondes – Kate Jackson
· Trouble Breathing – Nat Mortimer

Music Personality
· Adam Follett (Atoness/Crazy Fire Yellas)
· Adrian Flanagan (KHLA)
· Ant Hall (Boy Voyeur)
· Martin Clark (Ape Drape Escape)

Best Live Music Night
· BrAsh @ Grapes
· Electric Blanket
· Fuzz Club
· Klub 1917
· Sheffield v’s…… @ Grapes

Services To Sheffield Music
· Alan Smyth (2Fly Studios)
· Chris Wilson/Barney Vernon (The Boardwalk)
· Sandman Magazine
· Rene Dorset (The Laundrette)
· Thee SPC
[PR]
# by runforme | 2006-07-25 23:26 | Sheffield
Mercury Music Prize shortlist announced
 昨日のブログに書いた通り、Richard Hawley『Coles Corner』がMercury Music Prizeにノミネートされた。Arctec Monkeys, Editors, Muse, Thom Yorkeなど、賞を争うライバルは手ごわいが、何とか受賞してもらいたい!ノミネートされたアルバムは以下の通り。

・Arctic Monkeys - 'Whatever People Say I Am That's What I'm Not'
・Isobel Campbell and Mark Lanegan - 'Ballad Of The Broken Seas'
・Editors - 'The Back Room'
・Guillemots - 'Through The Windowpane'
・Richard Hawley - 'Coles Corner'
・Hot Chip - 'The Warning'
・Muse - 'Black Holes & Revelations'
・Zoe Rahman - 'Melting Pot'
・Lou Rhodes - 'Beloved One'
・Scritti Politti - 'White Bread Black Beer'
・Sway - 'This Is My Demo'
・Thom Yorke - 'The Eraser'

b0092708_215246.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-07-18 21:06 | Richard Hawley
Mercury Music Prize shortlist on the way
 NMEによると、今年のMercury Music PrizeのAlbums Of The Yearが現地時間の明日
(18日)に発表になるとのことだが、NMEが予想するノミネートされそうなアルバムの中に、何とRichard Hawley 『Coles Corner』があるじゃないか!こうなったら、ノミネートされ受賞してもらいたい!

以下はノミネートされそうな作品
Arctic Monkeys - 'Whatever People Say I Am That's What I'm Not'
Babyshambles - 'Down In Albion'
Corinne Bailey Rae - 'Corinne Bailey Rae'
Girls Aloud - 'Chemistry'
Hot Chip - 'The Warning'
Jim Noir - 'Tower Of Love'
Kate Bush - 'Aerial'
Morrissey - 'Ringleader Of The Tormentors'
Plan B - 'Who Needs Actions When You Got Words'
Richard Hawley - 'Coles Corner'
The Kooks - 'Inside In/Inside Out'
The Longcut - 'The Longcut'
The Streets - 'The Hardest Way To Make An Easy Living'

b0092708_2342592.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-07-17 23:48 | Richard Hawley
Transmission Unseen & Photos
 先日Richard Hawleyも出演したChannel 4の番組、Transmissionでの未公開ライヴが番組のサイトで見れる。今のところ、The Futureheads, Lily Allen, Feeder, Lostprophets, The Zutonsのライヴが見れる。この番組は、イギリスの各地で収録を行なう音楽番組のようだ。

RichardのUnseenの映像がないようなので、無理矢理写真を貼り付けておく。こっちがメイン!

b0092708_22405828.jpg
b0092708_22411634.jpg
b0092708_22414130.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-07-16 22:48 | Richard Hawley
Coles Corner video (2006 Version)
 6月12日にリリースされたRichard Hawleyのニュー・シングル"Coles Corner"のプロモーション・ビデオが見れる。"Coles Corner"は去年もシングルとしてリリースされており、プロモーションビデオがあるのだが、今年と去年のプロモーションビデオは少し異なる。

b0092708_10362941.jpg
Coles Corner video (2006)
Windows Media High | Low
Real Player High | Low

Coles Corner video (2005)
Windows Media High | Low
Real Player High | Low
[PR]
# by runforme | 2006-07-06 22:56 | Richard Hawley
Jarvis Cockerのソロの新曲が聴けるよ!
 NMEによると、ジャーヴィスのMySpaceで、"Running The World"という新曲が聴ける。この曲はLive 8にインスパイアして書いたとのこと。私は個人的にジャーヴィス・コッカーの書く曲は好きだったので、これをきっかけに彼がソロ・アルバムでもリリースしてくれると嬉しい!Richardによると、彼はこの曲にギターで参加しているらしい!

b0092708_18453170.jpg


Relaxed Muscleとして活動していたこともあったJarvis CockerとRichard Hawley。この間はマンチェスターで2人でDJをしたそうだ。もし、ジャーヴィスがソロを作ることになったら、リチャードが参加するかもしれないな~。

b0092708_1845584.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-07-04 23:03 | Pulp
Richard Hawley@Shepherds Bush Empire 18th of May, 2006
先週水曜日から日曜日までロンドンに旅行に行ってきた。今回の旅の一番の目的はRichard Hawleyのライヴを見ることだった。去年リリースされた素晴らしい新作『Coles Corner』に惚れ、どうしても見ておきたかった。

リチャードのライヴはShepherds Bush Empireで行なわれた。

まず、7時過ぎから前座1つ目が登場。元GeneのSteve Mason, Matt Jamesの新バンド、Palace Firesというバンド。Steve Masonの静寂の中に熱いものを感じるような切ないギター・サウンドは健在で、ヴォーカルもなかなかいい声をしており、なかなかいいバンドだった。これからの活躍が楽しみだ。

前座2つ目は、アコギ1本で弾き語るSSWの兄ちゃんで、あまりに笑えてあまり憶えていないし、眠くなった。

そして、午後9時を過ぎてRichard Hawley登場。新作で私が一番好きな曲"Coles Corner"でスタート。 私はこの曲が本当に好きで、しつこいぐらいこのブログにも書いている。曲の雰囲気、テーマともすごくいいし、聴くとすごく落ち着くのだ。1曲目でこの曲を聴けただけで本当にすごく嬉しかった。

リチャードのライヴに行って、私がイメージしていたリチャードとちょっと違って、そのギャップがまたよかったのだ。
私が抱いていたRichardのライヴのイメージは、
1.黙々とライヴを進める、もしくは
2.丁寧に曲の説明をしてライヴを進める
というものだったがそんなイメージは覆され、曲間のMCではF**KINGを連発。結構喋るし、ギャグを言うのにはびっくりした。

2曲目は私が『Late Night Final』の中で一番好きな"Something Is...!"。透明感のあるメロディーとリチャードのソフトな歌声がフィットし、心地よいメロディーが流れる。サポートのバンドメンバーとも息がぴったりで、順調な滑り出しを見せる。3曲目は"The Ocean"。ロマンティックなバラードはリチャードの得意とするところで、この曲も素晴らしかった。最後にクレッシェンドしていくヴォーカルが素晴らしかった。4曲目は"Hotel Room"。アルバムではラップスチールの美しい音色が聞けるが、ライヴではリチャードがGibson ES335で美しい音色を奏でていた。5曲目の"Just Like The Rain"は、オーディエンス受けもよいのか結構盛り上がった。爽やかなメランコリアといったメロディーがたまらない。

6曲目は先日亡くなったThe Go-BetweensのGrant McLennanに捧げられた"You Don't Miss The Water (Til Your River Runs Dry)"。私は『Lowedges』の中で、この曲が一番好きなのだが、ライヴでのこの曲もこの上なく美しいメロディーだった。"Darlin' Wait For Me"と続き、7曲目は"Born Under A Bad Sign"。この曲も個人的にすごくよかったと思う。"Oh My Love"はだんだん盛り上がっていく曲で、ライヴではより一層それが感じられた。"(Wating Through) The Waters Of My Time"はカントリーバラッドといった感じで、サポートギタリストの奏でるラップスチールギターの音色もすごくよかった。

本編最後は"Run For Me"。extended emotional rock'n'roll version(←勝手に私がつけたバージョン)といった感じで、リチャードのヴォーカルもギターもすごくかっこよかった。アルバムのこの曲もすごくかっこいいが、ライヴは100倍よかった。

アンコールではJohnny Cash (The Chieftains)、Elvis Presleyのカヴァーもありすごく盛り上がった。多分、"Long Black Veil"と"That's Alright Mama"は当初演奏する予定ではなかったようだが、会場の盛り上がりに気をよくしたリチャードが気持ちよく演奏してくれた。

Richard Hawleyのライヴは決して飛び跳ねるようなライヴではないし、リチャードは派手なギターソロを弾くギタリストでもない。でも、この日のRichard Hawleyのライヴは彼の熱い魂を見せつけてくれた素晴らしいライヴだった。いいソングライターやギタリストっていうのはやはり、ライヴでもその曲の持つ魂みたいなものを上手く表現できる人だと思う。リチャードはまさにそんなミュージシャンだ。この日のライヴはSold Outにはならなかったが入りもよく、会場の観客の雰囲気もよく本当に素晴らしいライヴだった。

Setlist
1. Coles Corner
2. Something Is...!
3. The Ocean
4. Hotel Room
5. Just Like The Rain
6. You Don't Miss The Water (Til Your River Runs Dry)
7. Motorcycle Song
8. Darlin' Wait For Me
9. Born Under A Bad Sign
10. Oh My Love
11. (Wading Through) The Waters Of My Time
12. The Only Road
13. Run For Me
(Encores)
14. Long Black Veil
15. Who Gonna Shoe Your Pretty Little Feet?
16. Baby, You're My Light
17. Mystery Train
18. That's Alright Mama

b0092708_18213321.jpg


b0092708_1822080.jpg


b0092708_18221784.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-05-24 00:35 | Richard Hawley
Born Under A Bad Sign video
20日に発売のRichard Hawleyのプロモーションビデオがやっと公開された。今回のシングルもまたアルバム・バージョンと異なっている。ビデオはこちらで見ることができる。

b0092708_18251956.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-03-17 07:24 | Richard Hawley
Born Under A Bad Sign
Richard Hawleyの『Coles Corner』からのニュー・シングルは"Born Under A Bad Sign"で3月20日にリリースされるようだ。今回のシングルのCDには"Just Like The Rain"のプロモーションビデオも収録されるようだ。限定7"には"I'm Just Here To Get My Baby Out Of Jail"をThe Everly Brothersのバージョンで再現しているようだ。これは大にして言いたい!いいかげんどこかのレコード会社さん、国内盤発売してください!

b0092708_1827927.jpg
[PR]
# by runforme | 2006-02-28 00:25 | Richard Hawley