ブログトップ
<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Moving Out To The Country
 元Squeezeのメンバーで、Later...のプレゼンターでお馴染みのJools Hollandと彼のバンドThe Rhythm & Blues Orchestraのニュー・アルバム『Moving Out To The Country』にRichard Hawleyも1曲参加している。このアルバムはカントリーのクラシックのカバーアルバムで、リチャードはHank Williamsの"I'm So Lonesome I Could Cry"(泣きたいほどの淋しさだ)をカバーしている。Hank Willamsの"I'm So Lonesome I Could Cry"は本当に名曲だと思うので、カントリーを聴かない人も聴いてみるといいと思う。リチャードのこの曲のカヴァーはBBCのRadio Sessionで一度聴いたことがあるのだが、素晴らしかったので、今回収録されているバージョンにも期待が持てる!金曜日にはLater...に出演し、Jools氏と共演したらしい!今回のJools Hollandのアルバムには、リチャードの他にもLulu, Brian Eno, Mark Arnold, David McAlmont, Dr. Johnなど豪華なメンバーが参加している。

b0092708_20531211.jpg

[PR]
by runforme | 2006-11-26 20:54 | Richard Hawley